アデランス

MENU

内分泌と抜け毛、ハゲの関係

 

人体のあらゆる機能は、内分泌器官より分泌されるホルモンによって制御されています。特に生殖に関係する内分泌は、脳と精巣・卵巣などの内分泌器官が複雑に影響し合って生殖器機能を維持していることが特徴的です。さて、男性の生殖に関わる内分泌器官としては、精巣や前立腺、脳下垂体前葉などが挙げられます。中でも精巣から分泌されるテストステロンは、男性の二次性徴や生殖器の発達に関与しており、その働きは雄性を発現する上で無くてはならない存在となっています。テストステロンは、脱水素酵素の働きによってジヒドロテストステロンに変換され、ターゲットとなる器官により強い作用を及ぼすことが知られています。このとき、体質などが原因でジヒドロテストステロンの働きが強すぎると、その影響は頭皮などに及び脱毛などの原因になります。若年層で円形脱毛症などが顕れる場合は、まずこのホルモンの影響を疑って良いと考えます。対策としては、血中のジヒドロテストステロンの濃度を相対的に低下させる方法がありますが、女性ホルモンの注射などは少し抵抗があるかもしれません。このような場合には、マメ科植物に含まれる女性ホルモン様物質を多く摂取する方法がありますが、即効的な効果は無く長期的に体質改善を目指すことが必要となります。


自分の髪の毛が薄くなってきた方へ

最近、自分の髪の毛が薄くなってきたなと感じた方が一番最初に気がついたきっかけは鏡に映った自分を見たときだと思います。その鏡に映るのはもちろん自分自身ですが、髪の毛の部分で一番に目に飛び込んでくるのが前髪だと思います。その前髪を上にかきあげた時に、なんとなく髪の毛が薄くなってきた、前髪が昔に比べて後退してきたような気がするのではないでしょうか。そのときの、なんとも言えない焦燥感や絶望感は辛いものです。そこで、まず考えるのが育毛剤を使用することです。しかし、育毛剤にはさまざまな種類があり、一つのものを数ヶ月間使うには選択肢が多過ぎます。さらに、価格の高いものも多数あり、インターネットで検索しても本当に効果があるのかどうかが怪しいものがあったりして、ますます迷ってしまいます。そのような育毛剤の中でも、前髪も含め薄毛に効果のあるものはあります。そういった育毛剤を適切に使用し、頭皮を大切にすれば薄毛は防げます。

薄毛の原因を考慮して育毛を考える

男女共に、薄毛に悩んでいる人はわりといるでしょう。薄毛の原因は大きく4つに分けられます。一つは「遺伝的要素」です。しかし、親が薄毛だからと言って子供もそうであるとは限りません。脱毛しやすい体質に合った正しいケアと対策で予防が可能です。二つ目は「皮脂分泌過剰」です。適度な皮脂は頭皮に潤いを与えてくれますが、過剰になると皮脂と汗が混じり、毛穴を塞ぎ、髪が抜けやすい状態になります。三つめが「ストレス」です。自律神経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化し、髪の毛が育たなくなります。四つ目は「血行不良」です。偏った食事や睡眠不足などの不摂生により、髪に栄養が行き届かなくなります。もちろん血流を悪くするたばこのニコチンは薄毛の大敵です。このように抜け毛の原因を解消するために様々な方向性から、問題を解決して発毛を促しくれる育毛剤は、自分に合ったものを選び、効果を実現させたいものです。原因をよく考えるて選ぶと育毛剤の効果も大きくなるでしょう。